無料ブログはココログ

« 『夢二日記』に見る「おしまさん」(長谷川カタ)との成田での再会(その2) | トップページ | Magameつれづれ<第25号>九十九里町の武家屋敷門 »

2008年1月 4日 (金)

Magameつれづれ<第24号>九十九里・真亀で初日の出

平成20年1月1日。例年通り正月を九十九里町真亀の別宅「史想庵」で迎えました。初日の出を見るため、午前6時30分前に別宅を出て、国民宿舎「サンライズ九十九里」脇の真亀海岸へ。すでに県道の両側には自家用車が並び、駐車中で、この県道を横切り、海岸に向かいました。海岸への細い道にも車がずらりと並んでいます。別宅から海岸まで3分足らず。海岸にはすでに多くの人たちが初日の出を拝もうと何重にも並んでいます。

今日の日の出は6時37分とのこと。水平線には雲があり、日の出の時刻になっても太陽は姿を現さず。

45分過ぎに雲の上が明るくなり、光が差し込むようになり、その光が海面に映り、実に幻想的です。刻々と光りが大きくなり、50分過ぎに初日の出が姿を現しました。同時に全体が明るくなりました。「今年は昨年以上に健康で幸福な年でありますように」と両手を合わせて祈りました。

55分頃には初日の出の全体が姿を現し、その光が海面を照らしました。実にまぶしい限りです。このように初日の出の全体が水平線から上がるのを眼にしたのは初めてです。

「きっと今年はよい年になりそうだ」との思いを胸にしながら、別宅に戻りました。

« 『夢二日記』に見る「おしまさん」(長谷川カタ)との成田での再会(その2) | トップページ | Magameつれづれ<第25号>九十九里町の武家屋敷門 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205445/17574733

この記事へのトラックバック一覧です: Magameつれづれ<第24号>九十九里・真亀で初日の出:

« 『夢二日記』に見る「おしまさん」(長谷川カタ)との成田での再会(その2) | トップページ | Magameつれづれ<第25号>九十九里町の武家屋敷門 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31