無料ブログはココログ

« 坂月町・小倉町界隈(2)坂月神社を訪ねて | トップページ | 坂月町・小倉町界隈(4)小倉・稲荷神社を再訪して »

2008年11月25日 (火)

坂月町・小倉町界隈(3)小倉/真浄寺を再訪して

Photo_13 小倉町字宮ノ下に実相山真浄寺(日蓮宗)があります。

長承2年(1133)9月22日に坂尾村(大宮町)の真言宗・金剛授寺(養福寺、栄福寺)住持導照僧正が末寺として創建し、寺号を光福寺、山号を実相山と称したのが始まりであるといいます。

Photo_14 江戸時代初期の寛永2年(1625)正月に金剛授寺住持の快運和尚が天海僧正に帰依して天台宗に改宗したとき、本寺は金剛授寺の末寺を離れ、真言宗を継続し、寺号を真福寺に改めました。その後、寛文年間(1661~73)に日崇上人を開基として日蓮宗(妙蓮寺末)に改宗し、再度、寺号を真浄寺に改め、本尊を日蓮上人にし、現在に至っています。

明治41年(1908)12月9日に火災が発生し、全山が焼失したため、農家の茅葺き家屋を移転して仮本堂としていましたが、昭和49年(1974)12月に本堂を再建しました。

Photo_15 本寺は、江戸初期、領主の旗本赤井氏の菩提寺で、境内には赤井時直(弥平兵衛)・赤井時長(太郎左衛門)・赤井時香(五平次)・赤井時重(弥平平兵衛)・赤井時尹(ときただ、平右衛門)の立派な墓碑が建てられています。

境内仏堂には鬼子母堂(本尊鬼子母神)があり、庫裡の入口付近には明治元年(1868)3月の神仏分離令以後の廃仏毀釈により折られた題目塔(宝暦2年8月建立)があります。

また、文久年間(1861~64)から明治初年まで住職が本堂で寺子屋を開き、近在の男子30名が通っていました。

« 坂月町・小倉町界隈(2)坂月神社を訪ねて | トップページ | 坂月町・小倉町界隈(4)小倉・稲荷神社を再訪して »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205445/43147277

この記事へのトラックバック一覧です: 坂月町・小倉町界隈(3)小倉/真浄寺を再訪して:

« 坂月町・小倉町界隈(2)坂月神社を訪ねて | トップページ | 坂月町・小倉町界隈(4)小倉・稲荷神社を再訪して »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31