無料ブログはココログ

« 道路元標を訪ねて(3)「東金町道路元標」 | トップページ | 三里塚の「皇室用」防空壕を訪ねて »

2008年11月11日 (火)

誉田八幡神社を再訪して

Photo 大網街道の野田十字路の近くに鎮座し、祭神の誉田別命は、第15代応神天皇で、日本に新たな文字や産業などを招来しました。本社のご利益は、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、交通安全、厄除け、開運を始め、開拓・航海・漁業の守護、安産、受験祈願など、広範囲に及んでいます。

Photo_2 祖先代々受け継がれてきた氏神で、誉田別命は町名の由来にもなっています。現在の本殿は、字天神脇にあった天神社を移築したものである(明治44年6月26日に合祀)といわれています。

境内には稲荷神社・日光大権現・東照大権現・明神社・子安神社・三峯神社があり、また、参道入口には天保3年建立の道祖神があります。

« 道路元標を訪ねて(3)「東金町道路元標」 | トップページ | 三里塚の「皇室用」防空壕を訪ねて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誉田八幡神社を再訪して:

« 道路元標を訪ねて(3)「東金町道路元標」 | トップページ | 三里塚の「皇室用」防空壕を訪ねて »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30