無料ブログはココログ

« 市川の史跡めぐり(14)下総国分尼寺跡 | トップページ | 茂原の史跡めぐり(1)真名の上人塚 »

2015年3月 1日 (日)

市川の史跡めぐり(15)正中山若宮奥之院

Photo奥之院は、もと千葉氏の家臣で、下総国八幡庄の領主の富木常忍(日常上人、胤継)の邸内の持仏堂であり、妙蓮山法華寺と称していた。

Photo_2文応元年(1260)7月に鎌倉で布教活動を展開していた日蓮は、前執権の北条時頼に『立正安国論』を上程したが、松葉ヶ谷の草庵で襲われ、逃れた先がこの若宮の富木氏の屋敷であったという。

Photo_3この富木氏の持仏堂は「法華寺」と称されるようになったのは、日蓮が入滅してから10年ほど後の永仁元年(1293)頃といい、常忍が自ら日常と改め、この法華寺の貫主となり、八幡庄真間の弘法寺(ぐぼうじ)も兼務したという。

« 市川の史跡めぐり(14)下総国分尼寺跡 | トップページ | 茂原の史跡めぐり(1)真名の上人塚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205445/61214566

この記事へのトラックバック一覧です: 市川の史跡めぐり(15)正中山若宮奥之院:

« 市川の史跡めぐり(14)下総国分尼寺跡 | トップページ | 茂原の史跡めぐり(1)真名の上人塚 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31