無料ブログはココログ

« 今日が成人式! | トップページ | 早朝、目が覚めて! »

2018年1月14日 (日)

人の親切を噛みしめて!

昨年から書き上げている「木曽義昌」関係の論文は、まとめの段階で大島村の福井竹市氏に「木曽氏系図」と「井元弥七左衛門家系図」があることを知り、それが伊万里市の「松浦党研究連合会」が出している『松浦党関係緒家系図』第4集の中にあることが分かった。

早速、松浦党研究連合会に電話を入れると、佐世保市の芸文堂という出版社が扱っているといい、そちらに電話を入れるように言われた。

どのような本かをインターネットで調べると、昭和57年6月に出版したもので、現在、「絶版」とある。

一か八か、芸文堂に電話を入れると、「ありますので、明日、お送りします」とのこと。定価はさておき、その本が必要であったので、「お願いします」といい、送り先を伝えた。

その日から3日後に注文した本が届いた。早速、その系図を読み始めるが、江戸時代の「名家」は、「家を継ぐ」ため、男の子が生まれなかったり、幼かったりすると「養子」を取ったようで、系図も複雑である。読むだけでは理解できず、書きながら読みながら系図を辿った。

難しかったのは、「兄〇〇順養子」という言葉であった。「いったいどこの誰のところに当てはまるのか?」ということ。この言葉を理解して、やっと「井元弥七左衛門家」の系図(戦国時代から江戸時代)が出来上がった。

しかし、これで終わりではなく、この井元家が明治から現在までどうなっているのかは不明で、さらにその作業が続く。

« 今日が成人式! | トップページ | 早朝、目が覚めて! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205445/66277555

この記事へのトラックバック一覧です: 人の親切を噛みしめて!:

« 今日が成人式! | トップページ | 早朝、目が覚めて! »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31