無料ブログはココログ

長生村

2012年12月15日 (土)

長生村の史跡散歩(6)中瀬大橋

Photo_6一松中瀬に長さ100m、幅2.4mの大橋が架かっている(現在、通行止)。

この橋は、明治31年(1898)に館山の漁師の家に生まれた石井亀吉が長生村に移住して製材工場を始め、繁盛していたが、戦後、網元となり、漁業を始めた。

Photo_7当時は、浜に出るためには幸治川を渡る伝馬船の「はしけ船」に頼るしかなく、大変不便であった。そこで、亀吉は、手作業で川底に杭を打ち、この大橋を完成させた。

Photo_8この橋により、天秤棒を背に魚を運ぶ猟師たちが行き交い、対岸では牛車をひいた業者が取引きを行い、賑わっていたという。

現在、この大橋は老朽化のために通行禁止となっている。橋の前の一面に公園を造り、この橋の保存してほしいと思うが、残念ながらある団体の大学建設用地になっている。

2012年12月13日 (木)

長生村の史跡散歩(5)虫供養の碑

Photo岩沼の野口家の前に「虫供養の碑」があり、大正12年(1923)に百虫の精霊をなぐさめるために建立したという。

Photo_2


石碑は、高さ1.8m、幅75cmで、謡曲『松虫』の一節が刻まれ、「長南夜雨荘庵主知白識」とあり、長南町の小池栄三郎の文である。

明治・大正年間、東京下町の本所・深川・早稲田などの問屋に虫を卸し、一時は業者の数も数百軒に達したが、大正末期には業者も減り、これは虫の怨霊のたたりだろうという声もあったので、佐瀬松吉らが地元業者や東京の虫問屋に呼び掛け、この供養碑を建てたという。

2012年12月12日 (水)

長生村の史跡散歩(4)一松神社

Photo_4社伝によると、もとは第六天・諏訪両社といい、寛治2年(1088)に第六天神が創建したといい、天正の末年ころに諏訪神社を合祀したという。

Photo_5かって源頼朝が和田小太郎を代参として太刀1腰、旗1旒を奉納したといい、境内に白幡神社を建て、この旗を祀ったという。

Photo_6慶長19年(1614)に社殿を再建した。その後、寛保元年(1741)9月に内藤下総守が大願主となり、社殿を造営した。

文化の初頭に拝殿・幣殿を焼失したが、文政2年(1819)9月に再建した。

Photo_710年ぐらい前に房総の東照宮調べで当社を訪れているが、そのときと変わらない境内の様子にほっとした。しかし、そのときよりも多少、境内の整備が悪いような気がした。

2012年12月11日 (火)

長生村の史跡散歩(3)本興寺と元禄津波供養塔

Photo一松にある本興寺は、山号を一松山といい、永正15年(1518)に茂原の鷲山寺8世日幡上人の開基で、布教の拠点にしたという。

山門(四足門)は村の指定文化財で、中心の主柱は丸柱、その間の欄間には作者不詳であるが、「波間の龍」2面が掲げられている。

Photo_2この山門の前に「元禄津波溺者之霊」の供養塔が建てられている。

Photo_3また、墓所には高さ124cmの供養碑があり、18人の法名が刻まれ、中でも子供の法名が多い。

この津波は、元禄16年(1703)11月22日夜四ッ時(午後10時頃)に大地震が3度あり、夜八ッ時(午前3時頃)に波高最高6mぐらいの津波が押し寄せた。

一松郷内の人畜の被害は甚大で、死者845人、本興寺に埋葬したのは檀家の384人であった。

2012年12月10日 (月)

長生村の史跡散歩(2)深照寺と元禄津波供養塔及び文書

Photo_4一松に鎮座する深照寺は、山号を「長商山」といい、境内には元禄16年(1703)11月23日夜半に房総の南東沖を震源地として起こった大地震・津波の供養塔が6基建っている。

Photo_5


この大地震の影響で大津波が九十九里浜一帯に襲い、村々の人畜家財が流失し、幾千人という多くの人達が押し流され、溺死した。

Photo_6この寺に伝わる宝暦3年(1753)11月23日の『当山記録、津波諸精霊』には、

<女子供など二百六人死亡>

と記されている。

2012年12月 8日 (土)

長生村の史跡散歩(1)長生観音

Photo_4一松字塩浜に建つ「長生観音」は、「ながいき観音」とも称され、平成元年(1989)10月に長生村観光協会が建立した。

Photo_5


その趣旨書によると、村の悠久の平和と村人の家内安全・繁栄、交通安全、海難無事故を祈願して建てられたという。

Photo_6高さが約5m、台座には長生村仏教協会の十界曼荼羅と広島県の不老山長生寺のご祈祷札が納められている。

海に向かって建つ、穏やかな顔の観音様には美しい花が飾られていた。

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31